服の種類と使い方をマスターしてお洒落度を高めよう

着心地

服の種類と扱い

和服と洋服の違いとは?

和服は日本に古くから伝わる伝統的な服になります。主に茶道、生け花などで使用されている着物は和服として有名です。一方洋服は外国から日本に伝わったもので、ジーンズは洋服の代表として有名ですがお洒落に欠かせないアイテムになっています。

作業着で使うユニフォーム

作業の効率化を図る為に作られたユニフォームとしてオーバーオールがあります。機械のメンテナンスを行なう場合によく使用されていたこのオーバーオールは、最近では若い世代ではお洒落なアイテムとして流行しています。

礼儀やルールに従う制服

どこの国でもしきたりを守るために制服という衣服があります。ストリートファッションで流行していた迷彩柄も元々は軍服の柄からきており、ジャングルなどで身を隠しやすくするという意味を持っています。

お祭りや行事に使う衣服

地域によって行事やお祭りがありますが、これらの衣服は世代を超えて何代も受け継がれていることがあります。日本を表すような渋みのある色合いが多いので、外国人向けにオリジナルTシャツを作成する際の参考にされています。

土地の文化を示す民族衣装

日本ではアイヌ民族がそうですが、世界には様々な民族があります。土地柄を表す独特な模様と色を持っており、オルテガ柄なども民族衣装から参考にされたものになっています。お洒落上級者はこうした柄を取り込んでいることが多いです。

広告募集中